開発部

営業部門と連携し、小売側に提案

丸千千代田水産における加工品部、塩干一・二部などの営業部門は、メーカー様や出荷者様、輸入業者様といった商流の川上と、仲卸業者様や小売量販店様などの川下の間に立ち、担当する商品の流通に尽力しています。そうした商材別の営業部門と連携し、小売側への販売促進を先導していくのが、開発部のミッションです。小売企業様は一般消費者様に対して販売のための様々なアプローチを行なっていますが、私たちは商品提案や販売戦略企画などを通して、その機能の一部を担いながら、お客様をサポートしていきます。

ワンストップで様々な要望にお応え

私たちは日本最大の豊洲市場における塩干・加工品専門卸のトップランナー。国内外の数多くのメーカー様と提携し、各地から幅広い商品を集める力があります。また、メーカー様とタイアップした商品開発力にも定評があります。そのため、小売側のニーズを、多種多様な商品企画で満たせるというアドバンテージを持っています。しかも、当社のワンストップサービスの窓口として、小売会社各社の個別の要望にも柔軟にお応えしています。

消費動向と荷主状況をマッチング

ますます複雑化する水産加工品の流通において、先を読み、川上・川下双方の利益と安定した供給を実現していくには、開発部門のマーケティング力の向上が期待されます。私たちは小売企業様各社と密なコミュニケーションを図ることで最新の消費者ニーズを察知するとともに、加工品メーカーなど荷主様側の情報を当社営業担当者やセリ人から収集するなど、マーケットの動向を見据えた取り組みを強化していきます。