営業推進課

毎日の膨大な受発注を正確に処理

丸千千代田水産は、佃煮・惣菜・日配品・乾物・魚卵・冷凍魚介類・干物など、8万点に及ぶアイテムを取り扱っています。営業社員の日々の活動によって、このアイテムの中から数々の受注が発生します。営業部門ごとに配置される営業推進課のメンバーの役割は、担当チームの営業社員がお客様から受けた注文内容を正確にデータ入力、メーカー様や出荷者様などに発注し、売り上げ計上することが主な業務です。日々、お客様から頂くPDFやFAXの注文書の内容を、専用システムに入力しています。求められるのは、正確さと迅速さ。「どのお客様に」「どの商品を」「どれだけ」納品するのか、営業社員と密に連絡を取りながら、毎日の膨大なオペレーションをこなしつつ、お客様に正確に商品が届くよう努めています。

通常業務に加え新たな営業支援を追求

営業推進課のメンバーに何よりも求められるのは、正確な受発注作業。そのためには商品はもとより荷主様、量販店様などの納入先に関する様々な情報の把握が必要になります。また、普段から営業社員との信頼関係を築いていくことが重要です。時には営業同行やサンプル資料の制作など、営業サポート活動も行います。ひとつひとつの仕事に創意工夫を凝らしながら、さらに効率よくお客様に商品を提供出来るよう、営業活動を支援しています。