塩干二部

メーカーとともにヒット商品を企画

塩干二部には干魚1課、干魚2課、東関東営業所があります。干魚1 課は冷凍エビ、イカ刺し・ボイルタコといった「惣菜品生食商材」「海藻類」を中心に販売。干魚2課は「蒲焼うなぎ」「魚漬物」「珍味類」等を販売しています。東関東営業所は「冷ししゃも」「冷たこ」「冷ほっけ」等の原料が主要商品です。丸千千代田水産は、こうした商品を加工メーカー様から仕入れるだけではなく、国内外で調達した原料をメーカー様側に供給する役割も担います。同時に、売れる商品を自ら企画し、メーカーと共同で消費者のニーズに合った商品を作り上げています。

消費動向を先取りして商品を提案

他の加工食品に比べて水産加工品は漁獲高や魚価の変動を受けやすいことから、価格の変動は大きいとされます。また、水産加工品にも売れ行きのトレンド(ブーム)があります。そこで、価格変動と消費動向の両面から商品企画を行うことで、川下の顧客である小売業者様が期待する、安定した販売が見込める商品の提案を行うことができます。
加えて、商品の市場訴求力のみならず、安全性についても、それを保証する機能が期待されます。そこで原料から加工に至るトレーサビリティを明示し、商品に「安心」という価値を付加しています。

水産業界全体の課題に取り組む

世界的な水産物のニーズ拡大により魚価の高騰が続く昨今、商流の前後に関係なく私たちがお取引している加工メーカー様や仲卸業者様、量販店様などすべてのお客様が対応に苦慮しています。この課題に、私たちは川上・川下の双方が適正な利益が確保できる売買価格と商品企画をコーディネートする努力を続けています。
それでも従来商品の確保が難しい場合は代替商品の準備を、販売が伸びないようであれば新しい商品企画や販売チャネルの開拓を、数年先までイメージした視野で行なっています。