加工品部

佃煮から始まった

水産会社だから、水産品だけを扱っているのかというと、そんなことはありません。加工品に強い丸千千代田水産。数万アイテムにも及ぶ商品を取り扱っています。
丸千千代田水産は、佃煮の販売からスタートした企業です。水産会社としては、佃煮という加工品をルーツに持つことは異例のこと。しかし、そのことがのちに加工品部を大きく成長させることになります。加工品を扱うノウハウや販売ルートをすでに有していたことが、大きな武器となったのです。
現在、丸千千代田水産の加工品部の取引先は、1000社以上。仲卸業者や売買参加者は勿論、地方の市場や問屋、スーパーなど多岐にわたっています。

多用な取り扱い商品

冷凍食品からパック商品、菓子、惣菜、デザートなどなど、その範囲は食品全般ともいえるもの。そして現在も、全国の生産業者や商品の発掘を行っています。
いいものがあればすぐに取り入れ、独自のルートにのせていく。
『食品商社』丸千千代田水産としての機能が、ここにあります。