食品安全室

安全・安心への取組み

卸売市場内には、福祉保健局市場衛生検査所が設置されており、卸売市場に流通する食品の安全確保を図ることを目的として、一般消費者の手元に届く前の流通段階である市場において、有害、不良な食品を「市場に入れない」「市場から出さない」「市場で作らない」を基本理念とし、監視指導と試験検査とを一元的に実施しています。そして有害、不良な食品を早期発見し、迅速に市場から排除するよう努めています。そのような取組みの中、丸千千代田水産では『食品安全室』を設置し、各営業部から選任されたメンバーを中心に、食品の安全性向上の推進活動を行っています。